症例集

2014/05/17
Q.ほかの医院と比べて治療費が高いのではないか?

当院でインプラント治療を考えている方からの質問で多いのは、

「治療費が高いんじゃないか、ほかでは20万くらいでやっているところもあるみたいだ」ということです。

当院のインプラント治療は1本の治療費は40万円(税抜き)~としております。

20万のインプラントと比べると、倍の費用がかかる、ということです。

この治療費の差はどこからくるのでしょうか。


1.採用している材料が違う:

当院が採用しているインプラントの素材は「カムログインプラント」というシステムを使っています。

カムログインプラントはインプラントの発祥地であるヨーロッパはドイツのメーカーのもので、ポルシェのレース用のエンジンを作っている会社の系列会社が製作しています。

つまり、世界一精密にできている製品ということです。

インプラントはいくつかのパーツから構成されていて、何十年とお口の中で機能するものなので、長期的に緩みやゆがみが出ない素材が求められます。

そういう意味で、品質管理がしっかり行われ、世界一緩まない製品がカムログインプラントなのです。

また、世界的メーカーであるため将来そのメーカーが潰れてなくなってしまう、というリスクは非常に低いです。

これはとても重要なことで、インプラントのパーツというのはメーカー間の互換性がほとんどなため、もし、入れた後で、そのメーカーが潰れてしまった、と言う場合なにかトラブルがあってパーツが必要となった時に、手に入れる事が出来ない、と言う事態が発生します。

アジア産で非常に安く納入できるインプラントパーツが出ていますが、現実問題として数年で潰れてしまって、そのメーカーのパーツが手に入らなくなってしまった、というケースがあるようです。


2.手間をかけてしっかり診査診断を行っている:

インプラント治療はその特性上、一度入れたら容易に取り替える、ということはできません。

そのため、術前のしっかりとした診査と診断がとても重要になってきます。

きのした歯科では、術前にレントゲン写真撮影やお口の型取りをさせてもらい、まずインプラントを行う部分の骨の状態・形、前後や相手の歯の位置関係、歯茎の状態・形、神経や血管の位置などを診査します。

その上で、どのような位置にインプラントを設置するか、どのような長さ・太さのものを使うか、骨の補強処置は必要か、その場合どのような方法で補強するのがベストか、などの診断を行います。

それが済みましたら、その計画したものを正確にお口の中で行うための「ステント」と呼ばれるガイドプレートを作製します。

ステントにはインプラントを設置する位置が記録されており、処置当日は、そのステントをお口の中にパチッと装着するとインプラントを設置する場所が正確にわかります。

それを用いて処置を行うことで計画通りの位置に安全にインプラントを設置することが出来るのです。

安全面でもこの術前の診査診断はとても重要です。

よくインプラントの事故で神経や血管を損傷してしまい、大事故につながったという報道がされますが、あれはこのような術前診査をおろそかにし、術者の勘だけをたよりに処置を行った結果であると思います。


3.術者がインプラント専門医である:

いくらいい材料を使って、術前の診査診断をしっかり行っても、実際に処置を行うのは人間です。

経験が浅く、技術力が低い術者が処置を行えば、当然良い結果に導くことは困難です。

当院では野村憲治先生というインプラントの専門医が処置を行っています。

月50本、年間で600本以上の処置を行っており、経験が豊富です。

経験が豊富ということは、何かあった時の対応も身につけているということでもあります。

様々な症例を経験してますので、ほかの歯科医院で「無理です」と言われたケースもかなり多く処置を行うことが出来ます。

また、野村先生はカムログインプラントの公認インストラクターでもあり、我々一般歯科医にインプラント技術を教えている立場でもあるため、知識と技術力は日本屈指の持ち主です。


4.メンテナンスを行っている

インプラントは入れて噛めるようになったら終わり、というわけではありません。

何十年と安定して使っていただくためには、定期的なメンテナンスは不可欠だと考えています。

ですので、きのした歯科では定期的なメンテナンスを行わせていただいています。

車の車検と一緒で、不具合が出ているところをメンテナンスの際に発見し、修復していくことで長く快適に使う(乗る)ことが出来ます。

どんなにいい車でも、車検を受けずに乗り続けたとしたら、早い段階で故障をして乗れなくなってしまうでしょう。

格安インプラントを行っているところでは、「入れたら終わり」というところもあるようで、アフターケアがされない!ということでトラブルになっているケースもあるようです。


5.清潔な環境:

インプラント治療の失敗の原因の一つが感染によるものです。

インプラントの根(フィクスチャー)の部分を骨に入れる処置の際に感染を起こしてしまうと、骨とインプラントが結合せず、抜け落ちてしまいます。

不衛生な環境の中で処置を行えば、当然処置時の感染の危険性が高まります。

実際に、隣でほかの患者の歯を削っている隣でインプラント処置が行われているところもあるようです。

ですので、処置を行う環境は非常に大事です。

きのした歯科ではオペ室を完備しています。

ほかの診療スペースと隔離することで、外部からの感染を予防することができます。

また、インプラント埋入処置の際は、術者は滅菌されたオペ着・滅菌手袋を使用、診療台周りは殺菌処理し、極力感染のリスクを排除する環境を構築して治療を行っております。


以上の5つの理由でこだわりを持って治療をさせていただいています。

人によって価値観は様々だと思います。

できるだけ安く、という考え方を否定する気持ちはありません。

ただ、体の一部となるインプラント治療だからこそ、安心で安全で長く快適に使える治療を行わせていただきたいと私は思っています。

初期投資はかかるかもしれませんが、しっかりしたインプラントが入ることで毎日何でも美味しく食べることができる環境ができることで、その後何十年の生活が充実したものになるとしたら、おそらく投資以上のリターンを得られるのではないでしょうか。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP

インプラントとは?

インプラントの基礎知識はこちら

治療の流れ

カウンセリングから治療終了までの流れをご紹介します

症例のご紹介

当院の患者様の実際の症例をご覧ください

診療時間

月・火・水・金

9:00-12:30 / 14:30-18:30

9:00-15:00

休診日

木・日曜・祝祭日

ご予約・ご相談

029-273-4618

当院への地図

〒312-0017
茨城県ひたちなか市
長堀町2-12-10