症例集

2015/01/21
多数歯の欠損のインプラント治療 50代男性

斉藤 誠様

07686_04.jpg

治療後の写真

07686_01.jpg

07686_02.jpg

07686_03.jpg

患者様からの治療を受けての感想

07686_05.jpg

思い起こせば3年前、上の歯のブリッジが突然外れてしまい、どこに電話して診てもらえばいいのか見当がつかずにいたところ、ふと知人が通っていた[きのした歯科]を思い出しました。

すぐに診てくれるということで急いで向かい、医院に入ると、きれいで清潔感があり、そこで働くスタッフの方全員がやさしく丁寧に患者に接していました。

歯医者嫌いで38年近く歯医者に行っていなかった私には驚きでした。

糖尿病の私にインプラントが出来るのか不安があったのですが、衛生士さんの丁寧な説明を受け、インプラントを選択しました。(50代で上の歯が総入れ歯になるのは耐え難かったので・・・)。

治療中は、入れ歯の状態がしばらく続き、外で食事をした後が大変でした。

歯を外して洗えるトイレを探し、人がいなくなるのを待ちました。

インプラントの本数が多かったため、何回にも分けて手術が行われ、固定式の仮歯が入ったときには、これで入れ歯から解放されると思いホッとしました。

インプラントの治療は私にとって決して痛くなかったとは言えません。

38年もの間、ほったらかしにした自分の歯に健康な歯は1本もありませんでした。

インプラントと虫歯の治療が自分の日常生活だったと言っても過言ではありません。

そして治療が全て終り、きれいな白い歯が入ると改めて、インプラントにして本当に良かったと思いました。

入れ歯だと噛み切れない食べ物が色々あると思いますが、自分は気にすることなく何でも食べられる喜びを感じています。

いま思うと長かった3年間の治療も終ってしまえば何だか寂しく気が抜けた気分です。

最後に、院長先生に一言、嫌いな歯科治療をここまでできたのはいつも丁寧な治療と私の話をじっくり聞いてくれた院長先生がいたからです。

本当にお世話になりました。

今の歯を大切にしていきたいと思います。

カテゴリ:,,

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP

インプラントとは?

インプラントの基礎知識はこちら

治療の流れ

カウンセリングから治療終了までの流れをご紹介します

症例のご紹介

当院の患者様の実際の症例をご覧ください

診療時間

月・火・水・金

9:00-12:30 / 14:30-18:30

9:00-15:00

休診日

木・日曜・祝祭日

ご予約・ご相談

029-273-4618

当院への地図

〒312-0017
茨城県ひたちなか市
長堀町2-12-10